スポンサーリンク

千種忠顕戦死之地

千種忠顕戦死之地碑古戦場
千種忠顕戦死之地碑

南北朝の動乱が始まるきっかけとなった延元の乱」において戦死した千種忠顕の碑

歴史・概略

  • 千種忠顕(ちぐさ・ただあき)は、鎌倉時代末期から南北朝時代初期にかけての公卿で、後醍醐天皇の近臣として仕えた。後醍醐天皇鎌倉幕府によって隠岐島へ配流された際にも同行し、その後の幕府倒幕に貢献している。
  • 結城親光(ゆうき・ちかみつ)楠木正成(くすのき・まさしげ)名和長年(なわ・ながとし)らとともに「建武の新政」において、後醍醐天皇に忠義を尽くした「三木一草(さんぼくいっそう)」と呼ばれるひとりに数えられる。
  • 建武2年11月(1336年1月)、足利尊氏(あしかが・たかうじ)が建武政権を離脱したことにより「延元の乱(建武の乱)」が勃発、足利軍に都を奪われた。後醍醐天皇方はすぐに足利軍を都から駆逐することに成功したが、足利軍は九州で再起し再び大軍で上洛した。
    「湊川の戦い」において楠木正成新田義貞が敗北したとの知らせに後醍醐天皇は比叡山に退避した。延元元年/建武3年6月7日(1336年7月15日)、尊氏の弟・足利直義(あしかが・ただよし)率いる足利軍が比叡山に迫り、忠顕は比叡山麓西坂本の雲母坂(きららざか)において直義軍と戦って戦死した。

見どころ・おすすめ

施設データ

地図
住所:京都府京都市左京区修学院丸子青良ケ谷

周辺の史跡を探す
主な施設
石碑のみ
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
【電車】
・叡山ケーブル「ケーブル比叡」駅

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました