スポンサーリンク

根洗松

根洗松 古戦場
根洗松

元亀3年12月22日(1573年1月25日)の「三方ヶ原の戦い」の際、武田信玄の本陣が置かれたとされる場所。

  • 戦いの前年、信玄は足利義昭による織田包囲網の呼びかけに応じ織田・徳川領への侵攻を開始、二俣城を落とし家康の居る浜松城へと迫った。この時の織田・徳川軍の兵力は武田軍の3分の1ほどとされ、家康は浜松城への籠城を決定、しかし武田軍は三方ヶ原を西に向かい浜松城を通り過ぎる構えを見せた。
  • 家康は武田軍がその先の祝田(ほうだ)の坂を下るところを攻撃の好機ととらえ出陣、しかし武田軍は坂を下らず反転し真正面からぶつかることとなった。戦いは2時間ほどで決着がつき織田・徳川軍は大敗、家康は浜松城へ逃げ帰った。
  • 「三方ヶ原の戦い」前後の出来事
    元亀3年(1572年)9月 武田軍が徳川領へ侵攻/10月 木原畷・三ケ野坂・一言坂の戦い/10月~12月 二俣城の戦い/10月 仏坂の戦い/12月 上村合戦/12月 三方ヶ原の戦い・犀ヶ崖の戦い/元亀4年(1573年)1月~2月 野田城の戦い/2月 武田軍撤退/4月 信玄死去

施設データ

地図
住所:静岡県浜松市北区根洗町
根洗松

周辺の史跡を探す
主な施設
石碑のみ
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
・天竜浜名湖鉄道「金指」駅
・遠州鉄道「根洗」「静光園入口」バス停

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました