スポンサーリンク

犀ヶ崖古戦場

犀ヶ崖古戦場 博物館
犀ヶ崖古戦場

武田信玄が晩年行った西上作戦における古戦場のひとつ。

  • 元亀3年(1572年)9月室町幕府将軍・足利義昭の反織田信長の動きに同調した甲斐の武田信玄は織田・徳川領へと侵攻、三河や遠江、美濃の諸城を次々と落としていった。対する織田・徳川連合軍は浜松城の北・三方ヶ原で武田軍本体と衝突、大敗を喫し浜松城へと敗走した。
    その夜、徳川軍は浜松城の北約1キロの犀ヶ崖付近で野営中の武田軍を急襲、崖に白い布を張って橋に見せかけ転落させるなどの策によって武田軍に一矢報いたとされる。
  • 三方ヶ原の戦い」前後の出来事
    元亀3年(1572年)9月 武田軍が徳川領へ侵攻/10月 木原畷・三ケ野坂・一言坂の戦い/10月~12月 二俣城の戦い/10月 仏坂の戦い/12月 上村合戦/12月 三方ヶ原の戦い犀ヶ崖の戦い/元亀4年(1573年)1月~2月 野田城の戦い/2月 武田軍撤退/4月 信玄死去

施設データ

地図
住所:静岡県浜松市中区鹿谷町
犀ヶ崖古戦場

周辺の史跡を探す
主な施設
三方原古戦場犀ヶ崖碑・本多肥後守忠真顕彰碑・犀ヶ崖資料館
利用時間
【犀ヶ崖資料館】
 9:00~17:00
定休日
【犀ヶ崖資料館】
 月曜日(祝日の場合翌日)・年末年始
料金
無料
交通
・JR「浜松」駅
・遠州鉄道「八幡」駅
・遠鉄バス「さいが崖」バス停
・駐車場あり

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました