スポンサーリンク

白河北殿跡

「此附近 白河北殿址」碑 京跡・宮跡
「此附近 白河北殿址」碑

平安時代後期に使用された白河上皇の院御所跡。後の「保元の乱」の戦闘が起こった場所のひとつ。

  • 白河天皇は平安時代後期の天皇で院政によって政治的な力を強めたことで知られる。この南側には白河天皇の御所があり、それに対して北側に設けられたためこちらは北殿、元々あった御所は南殿などと呼ばれるようになった。
  • 保元元年(1156年)、「保元の乱」が起こる。
    鳥羽法皇の崩御をきっかけに崇徳上皇後白河天皇の衝突が避けられない状況となり、白河北殿には上皇側に付いた藤原頼長源為義らが集められ天皇側への対応を協議した。しかし天皇側に付いた平清盛源義朝らが先に白河北殿を奇襲、白河北殿は焼失し上皇や藤原頼長は敗走した。

施設データ

地図
住所:京都府京都市左京区東竹屋町(京都大学熊野寮北西角)
白河北殿跡

周辺の史跡を探す
主な施設
石碑のみ
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
・京阪「神宮丸太町」駅
・地下鉄「三条京阪」駅

コメント

  1. なんか檻に入っちゃってます

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました