山崎の合戦

天正10年6月13日(1582年7月2日)
羽柴秀吉と明智光秀が摂津と山城の国境、山崎でぶつかった戦い。この11日前、光秀が京都本能寺で織田信長を急襲したことに端を発し、報せを聞いた秀吉が京都へ向かう途中の山崎で光秀が待ち受けて戦闘となった。戦闘は秀吉側の勝利となり、光秀は敗走中の落ち武者狩りで命を落とした。この戦いから「天王山」「洞ヶ峠」「三日天下」などの言葉が生まれた。

京都

明智光秀首塚

戦国時代、「山崎の戦い」に敗れたあと命を奪われた明智光秀の塚。 天正10年(1582年)6月2日、京都本能寺において明智光秀が主君の織田信長に対して謀反...
その他遺跡

大山崎の東黒門跡

京都と大阪の中間点・大山崎集落にあった東黒門の跡。 ここには古くより幹線道路として使われた西国街道が通っており、街道に沿って宿屋などが立ち並んでいた。そ...
京都

山崎合戦古戦場

京都の山崎で羽柴秀吉軍が明智光秀軍を破った「山崎の戦い」が行われた地。 天正10年(1582年)、京都本能寺で主君の織田信長を討った光秀であったが、「本...
京都

宝積寺

山崎天王山(京都府乙訓郡大山崎町)にある真言宗寺院。 神亀元年(724年)、東大寺の大仏造立にも関わった行基が聖武天皇の勅命によって建立したと伝わる...
京都

恵解山古墳(明智光秀本陣跡)

5世紀前半頃に作られたとされる全長128メートルの前方後円墳。 古墳からは700点以上もの鉄製武器などが出土し、非常に貴重であることから国の史跡に指定さ...
京都

明智光秀本陣跡(境野1号墳)

4世紀後半ごろに作られたとみられる全長58メートルの前方後円墳。 「本能寺の変」の後、羽柴秀吉の軍勢と激突した「山崎の合戦」の際には明智光秀の本陣が置か...
京都

山崎合戦之地(旗立松)

天正10年(1582年)、「本能寺の変」をきっかけに始まった「山崎の合戦」が起きた場所。 主君織田信長に対して謀反を起こした明智光秀と光秀謀反の報を聞きつ...
京都

勝龍寺城跡

京都府長岡京市にあった城。小竜寺城とも呼ばれる。 戦国時代、細川氏の城となり明智光秀の娘たま(後のガラシャ夫人)が輿入れし暮らした城として知られる。 ...
タイトルとURLをコピーしました