片桐且元

弘治2年(1556年)~元和元年(1615年)
近江出身の戦国武将。大和竜田藩初代藩主。摂津茨木城主。賤ヶ岳の七本槍のひとり。近江の浅井家に仕えた後、豊臣秀吉に仕えた。「関ケ原の戦い」後も豊臣家に仕え徳川氏との調整役として奔走したが、豊臣家からは徳川氏の協力者と見られて大阪城を退去した。

城跡

茨木城跡

大阪府茨木市にあった城。 歴史・概略 築城:不明 廃城:元和2年(1616年) 築城主:不明 構造:平城 主な城主:茨木氏・中川清...
城跡

大阪城公園

大阪府大阪市にある城。 歴史・概略 大阪城(おおさかじょう)は、天正11年(1583年)に羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)によって築城され、その後秀吉政権...
タイトルとURLをコピーしました