真田信之

永禄9年(1566年)~万治元年(1658年)
信濃出身の戦国武将。信濃上田藩初代藩主、信濃松代藩藩主。 真田昌幸の嫡男、兄弟に信繁(幸村)など。「関ケ原の戦い」の際、父と弟は西軍に信之は徳川に味方し、戦後上田藩主となって父と弟は高野山へ流罪となった。

城跡

真田氏本城跡

長野県上田市にあった城。真田山城、松尾城などとも呼ばれる。 築城:天文年間(1532年~1555年) 廃城:天正13年(1585年) 築城主:真...
古戦場

砥石城跡

長野県上田市にあった城。戸石城とも呼ばれる。 築城:不明 廃城:元亀元年(1570年) 築城主:村上義清もしくは真田氏 構造:連郭式・山城 ...
博物館

上田城

長野県上田市にあった城。上田藩の藩庁。 天正11年(1583年)、武田氏に仕えていた真田昌幸によって築城。何倍もの兵力で攻撃を仕掛けてきた徳川軍を2度に渡...
城跡

松代城

長野県長野市にあった城。江戸時代の松代藩の藩庁。 永禄3年(1560年)、北信濃の支配を目指す武田信玄が家臣の山本勘助に命じて海津城を築いたことに始まる。...
タイトルとURLをコピーしました