後白河天皇

大治2年(1127年)~建久3年(1192年)
第77代天皇。鳥羽天皇の第四皇子。他に後白河上皇、後白河法皇とも。子に二条天皇、高倉天皇、以仁王など。「保元の乱」「平治の乱」による平清盛の出世と平家の隆盛、そして平家一強からくる平家打倒の動き、木曾義仲や源頼朝の挙兵と源義経による平家の滅亡、後の源氏政権の樹立という大きな流れの中で、朝廷の中から力を行使していた人物である。

京都

後白河天皇 法住寺陵

平安時代末期に在位した後白河天皇の陵墓。 歴史・概略 鳥羽上皇の第四皇子として生まれ、皇位継承とは無縁な立場で歌に踊りに明け暮れたと言われる。しか...
京跡・宮跡

高松殿跡

平安時代、歴代上皇が院御所とした邸宅跡。 歴史・概略 平安時代初期、醍醐天皇の皇子・源高明(みなもとのたかあきら)が邸宅としたことに始まり、白河上...
京跡・宮跡

東三条殿跡

平安時代、政治権力の中枢に君臨し続けた藤原氏の邸宅跡、および御所跡。 歴史・概略 平安時代初期、藤原氏として初めて摂政に就きその後の藤原氏隆盛の基...
京跡・宮跡

法住寺殿蹟

平安時代末期、後白河上皇が拠点とした御所跡。 この地には平安時代中期の公卿・藤原為光によって創建された法住寺があったが、長元5年(1032年)に焼失。そ...
京跡・宮跡

三十三間堂

平安時代、後白河上皇によって創建された寺で、正式には蓮華王院と言う。 この地には後白河上皇が離宮としていた法住寺殿があり、当時の権力者である平清盛の資金...
タイトルとURLをコピーしました