後嵯峨天皇

承久2年(1220年)~文永9年(1272年)
ごさがてんのう。第88代天皇。土御門天皇の皇子。子に後深草天皇、亀山天皇など。後嵯峨天皇以降、皇統が持明院統と大覚寺統に別れ後継を巡る確執の原因となった。

京跡・宮跡

大炊御門万里小路殿址

平安時代から鎌倉時代にかけて使われた公卿の邸宅跡、および御所跡。 歴史・概略 平安時代中期、但馬守・源高房がこの場所で邸宅を営む。屋敷が大炊御門大...
京跡・宮跡

持明院仙洞御所跡

平安時代から室町時代にかけて藤原氏の邸宅、および天皇退位後の御所として使われた屋敷跡。 歴史・概略 持明院(じみょういん)は平安時代後期、陸奥守・...
京跡・宮跡

閑院内裏跡

京都府京都市にあった平安時代の藤原氏の屋敷、および里内裏跡。 歴史・概略 平安時代初期、桓武天皇から淳和天皇の4代に仕え異例の昇進を果たした公卿・...
邸宅・住居跡

二条殿御池跡

京都にあった皇族や公家の邸宅跡。安土桃山時代には織田信長の屋敷としても使われ、「本能寺の変」の戦闘が起こった場所でもある。 歴史・概略 この場所は...
京都

南禅寺

京都市東山にある臨済宗の禅寺。 歴史・概略 文永元年(1264年)、後嵯峨天皇によって離宮・禅林寺殿(ぜんりんじどの)が造営される。禅林寺殿の名は...
タイトルとURLをコピーしました