スポンサーリンク

大仏殿跡緑地公園

大仏殿跡緑地 京都
大仏殿跡緑地

豊臣秀吉が造営した「京の大仏」の大仏殿跡。

  • 天正14年(1586年)、天下人となった秀吉は奈良の大仏に倣って京に大仏の造立を始めたが、慶長元年(1596年)に発生した慶長伏見地震によって、ほぼ完成していた大仏が倒壊してしまった。このとき「民を守るべき仏が崩れるとは何事か」と秀吉が大仏に向けて矢を放ったというのは有名な話である。
  • その後秀吉は亡くなりその遺志を継いだ子の秀頼が再び大仏を造立、慶長17年(1612年)に大仏が完成した。そして慶長19年(1614年)には梵鐘が完成したが、この梵鐘がもとで徳川と対立し「大坂の陣」が勃発、豊臣家は滅亡した。
  • 豊臣滅亡後も大仏はそのまま残され再び地震で壊れた後も木造で作り直されるなどした。江戸時代には「京の大仏」として庶民の観光地ともなっていたらしいが、寛政10年(1798年)の落雷によって焼失した。
  • 発掘調査の結果、大仏殿の大きさは南北90m、東西55mであることが判明(奈良の大仏殿よりもかなり大きい)、遺跡はその後埋め戻され石のベンチなどで柱や台座など復元されている。

施設データ

地図
住所:京都府京都市東山区茶屋町
大仏殿跡緑地公園

周辺の史跡を探す
主な施設
復元台座・復元柱跡
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
【電車】
・京阪電車「七条」駅から約0.7Km

【バス】
・市バス「馬町」「東山七条」「博物館三十三間堂前」「五条大和大路・東山開睛館前」バス停

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました