邸宅・住居跡

京都

新島旧邸

同志社英学校創立の地、および同志社を創立した新島襄の邸宅。 歴史・概略 にいじま・じょう。上州安中藩士の家に生まれ、渡航が禁止されていた幕末に密か...
京都

明治天皇行幸所木戸邸

京都府京都市にある明治の元勲・木戸孝允(きど・たかよし)の屋敷跡。 歴史・概略 木戸は明治初期、明治政府の中心人物として活躍した政治家で西郷隆盛、...
京跡・宮跡

高陽院邸跡

平安時代から鎌倉時代にかけての藤原氏の邸宅、および御所跡。 歴史・概略 高陽院:かやのいん 平安時代初期、この場所には桓武天皇の皇子・賀陽親王...
京跡・宮跡

大炊御門万里小路殿址

平安時代から鎌倉時代にかけて使われた公卿の邸宅跡、および御所跡。 歴史・概略 平安時代中期、但馬守・源高房がこの場所で邸宅を営む。屋敷が大炊御門大...
京跡・宮跡

花山院邸跡(京都御苑)

平安時代から明治に至るまで存在した藤原氏の邸宅跡、および御所跡。 歴史・概略 平安時代中期、清和天皇皇子・貞保親王(870年~924年)が邸宅を構...
京跡・宮跡

二條富小路内裏址

京都にあった鎌倉時代の公家の邸宅跡、および内裏跡。 歴史・概略 鎌倉時代中期、藤原氏の一族である西園寺実氏(さいおんじ・さねうじ)が邸宅(冷泉富小...
京跡・宮跡

一条院跡

平安時代中期の邸宅跡、御所跡。 歴史・概略 一条院は大内裏北東に隣接した邸宅で東西2町(今の堀川通あたりまで)を占めていた。この案内の東側に邸宅、...
京都

橋本左内寓居跡

江戸時代末期の思想家・橋本左内の寓居(福井藩邸)跡。 橋本左内は福井の医者の家に生まれ、大坂にある緒方洪庵の適塾で医学を学んだ。その後福井藩主の松平春嶽...
京都

茶屋四郎次郎屋敷跡

江戸時代の京都の豪商・茶屋四郎次郎の屋敷跡。 茶屋家は朱印船貿易や大堰川や高瀬川の舟運を行った角倉家、大判の鋳造を行った後藤四郎兵衛家とともに「京の三長...
京都

西八条第跡

平安時代末期、権力の座についた平家の頭領・平清盛が京に構えた邸宅跡。 平氏政権が樹立するきっかけとなった「平治の乱(1159年)」の7年後にあたる仁安元...
京都

縣井(京都御苑)

京の名水のひとつ縣井(あがたい)と呼ばれる井戸跡。 歴史・概略 染殿井・左女牛井とともに京の三名水とも呼ばれていたが、現在は枯れてしまっているとの...
幕末維新

西郷頼母邸跡

江戸時代末期の会津藩家老・西郷頼母(さいごうたのも)の屋敷跡。 西郷家は代々会津藩家老を務める家柄で頼母が家督を継いだ後、藩主の松平容保に家老として仕え...
京都

茶屋四郎次郎邸址

京都の豪商・茶屋四郎次郎の屋敷跡。 朱印船貿易や大堰川、高瀬川の舟運を行った角倉家、大判の鋳造を行った後藤四郎兵衛家とともに「京の三長者」の一角をなし、...
京都

吉田泉殿之跡

鎌倉時代の公卿・西園寺公経の屋敷跡。 西園寺公経(さいおんじ・きんつね)は平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての公卿で鎌倉幕府との関係を背景に朝廷で力を...
京都

御陵衛士屯所跡(月真院)

京都東山にある豊臣秀吉の妻・ねねゆかりの高台寺の塔頭。 元和2年(1616年)、北政所の従弟・久林元昌(玄昌)が津和野藩主・亀井茲政の力を借りて建立した...
京都

大久保利通旧邸

幕末期の京都にあった大久保利通の邸宅跡。 大久保利通(おおくぼ・としみち)は倒幕に力を注いだ人物で、倒幕後は内務卿として明治新政府をけん引した。幕末から...
京都

お龍の実家楢崎家跡

幕末の英雄・坂本龍馬の妻であったお龍の実家・楢崎家があった場所。 天保12年(1841年)、お龍は楢崎将作(ならざきしょうさく)の長女として京都富小路六...
京都

藤原定家京極邸址

平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての公家・藤原定家の屋敷跡。 定家は藤原北家の流れをくむ御子左家の一族で御堂関白と呼ばれた藤原道長の5代後の子孫にあた...
その他遺跡

西陣舟橋

その昔ここを流れていた堀川に何艘もの舟を浮かべその舟同士を繋いで橋代わりとした舟橋があったと言われる。室町時代初期には政権の実力者であった高師直の屋敷があった。...
京都

水戸藩邸跡

江戸時代、京都に置かれた水戸藩邸跡。 水戸藩の石高は28万石、常陸の水戸城を藩庁とする。藩祖は徳川家康の子・頼房で徳川御三家のひとつ。水戸徳川家の著...
タイトルとURLをコピーしました