スポンサーリンク

三内丸山遺跡

三内丸山遺跡 その他遺跡
三内丸山遺跡

青森県青森市にある縄文時代の集落跡。

歴史・概略

  • 三内丸山遺跡(さんないまるやまいせき)は今から約5500年前から約4000年前頃まで使用された大規模集落で、大型の建物や住居跡、倉庫跡など数多くの痕跡が発見された。それ以外にも墓やゴミ捨て場、道路などかなり計画的な整備が行なわれていた。
  • また、出土品の調査からシカ・イノシシ・ウサギ・ムササビなどの動物の肉や、タイ・サバ・ブリなどの魚を食べていたことが分かっている。それ以外にも栗や豆、ひょうたんなどの栽培が行われており、さらにはお酒の製造もされていたと見られ、かなり文化的な生活をしていたと考えられている。

施設データ

地図
住所:青森県青森市三内丸山

周辺の史跡を探す
主な施設
縄文時遊館・南盛土・大型竪穴住居・大型掘立柱建物・子供の墓・北盛土・掘立柱建物・大人の墓・竪穴住居
利用時間
9:00 ~ 17:00
(6月~9月 9:00 ~ 18:00)
定休日
年末年始
料金
無料
交通
【バス】
・市営バス「三内丸山遺跡前」バス停

【マイカー】
・東北自動車道「青森IC」から約1Km
・駐車場あり
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました