秋田城跡

秋田城 城跡
秋田城

秋田県秋田市にあった古代城柵跡。
「あきたじょう」、または「あきたのき」と呼ばれる。

歴史・概略

  • 築城:天平5年(733年)
  • 廃城:11世紀頃
  • 築城主:大和朝廷
  • 構造:古代城柵
  • 秋田城は渤海(ぼっかい・大陸日本海沿岸にあった国)との外交や、北海道・津軽地域の蝦夷(えみし)との交流を行うなど大和朝廷の出羽国の拠点として機能していた。
  • 天平5年(733年)、山形県庄内地方にあった出羽柵をこの地に遷す。
  • 天平宝字4年(760年)頃、秋田城に改称。
  • 元慶2年(878年)、「元慶の乱(がんぎょうのらん)」により俘囚(ふしゅう・蝦夷)に一時城を奪われる。
  • 天慶2年(939年)、「天慶の乱(てんぎょうのらん)」により俘囚の攻撃を受ける。

施設データ

地図
住所:秋田県秋田市寺内大畑

周辺の史跡を探す
主な施設
政庁跡・東門・外郭・建物跡・秋田城跡歴史資料館
利用時間
【秋田城跡歴史資料館】
 9:00~16:30
定休日
【秋田城跡歴史資料館】
 年末年始
料金
【秋田城跡歴史資料館】
 大人200円・高校生以下無料
交通
【電車】
・JR「土崎」駅から約2.4Km

【バス】
・秋田中央交通バス「秋田城跡歴史資料館前」バス停


【マイカー】
・秋田自動車道「秋田北IC」から約6Km
・駐車場あり
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました