スポンサーリンク

鬼ノ城

鬼ノ城城跡
鬼ノ城

岡山県総社市にあった古代の城。

歴史・概略

  • 築城:7世紀後半?
  • 廃城:不明
  • 築城主:大和朝廷?
  • 構造:古代山城
  • 日本100名城
  • 鬼ノ城(きのじょう)はそれに関する記録がないため築城年代、築城主などは不明であるが、発掘調査などにより7世紀後半頃の築城と推定されている。
  • 西暦663年に倭国が同盟国であった百済のために出兵した「白村江の戦い」において、唐・新羅連合軍に大敗を喫した。その後、倭国は大陸からの防衛を目的として、対馬や九州、中国地方など各地に防衛設備の建設を行った。
    鬼ノ城の築城はこのような時期と考えられ、そうした防衛設備のひとつとみられている。

施設データ

地図
住所:岡山県総社市黒尾

周辺の史跡を探す
主な施設
城門・角楼・石塁・土塁・水門・敷石・鬼城山ビジターセンター
利用時間
【鬼城山ビジターセンター】
 9:00~17:00
定休日
【鬼城山ビジターセンター】
 月曜・年末年始
料金
無料
交通
【電車】
・JR「総社」駅からタクシー

【マイカー】
・中国横断自動車道「岡山総社IC」から約9Km
・駐車場あり

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました