スポンサーリンク

延勝寺跡

延勝寺跡碑 京都
延勝寺跡碑

平安時代に建立された延勝寺の跡

歴史・概略

  • 延勝寺(えんしょうじ)は、平安時代後期近衛天皇により建立され、久安5年(1149年)に落慶供養が行われた。「みやこめっせ」から東大路通にかけての東西二町、南北一町ほどの規模であったと推定されている。
  • 延勝寺は、京都白河に天皇家が建立した六つの御願寺(六勝寺)のうちのひとつで、白河天皇法勝寺(ほっしょうじ)を建立したことに始まり、その後、尊勝寺・最勝寺・円勝寺・成勝寺・延勝寺と次々に建立されていった。すべてに勝の字を含んだこれらの寺を総称して六勝寺と呼ぶ。
  • 平安時代後期白河天皇に始まる院政の時代で、白河の地は御所が置かれるなど政治の表舞台であった。しかし武家の時代になると、権力は失われ火災や戦乱に見舞われるなど、次第に勢力は衰えて京都の町に多大な被害を及ぼした「応仁の乱」以降はすべて廃絶してしまった。

見どころ・おすすめ

  • 琵琶湖疏水を渡った側にも延勝寺跡の石碑が立てられている。

施設データ

地図
住所:京都府京都市左京区岡崎成勝寺町
延勝寺跡

周辺の史跡を探す
主な施設
石碑のみ
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
【電車】
・地下鉄「東山」駅から約0.6Km
・京阪「三条」駅から約1Km

【バス】
・市バス「岡崎公園[ロームシアター]」「東山二条・岡崎公園口」バス停
・京都バス「東山二条・岡崎公園口」バス停
・京阪バス「東山二条」バス停

【マイカー】
・名神高速道路「京都東IC」から約6Km

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました