スポンサーリンク

古高俊太郎邸址

古高俊太郎邸址 京都
古高俊太郎邸址

幕末の尊王攘夷派の志士・古高俊太郎が薪炭商を営んでいた枡屋があった場所。

歴史・概略

  • 古高は枡屋喜右衛門を名乗って、ここで商いをしながら武器の調達や情報取集などを行っていたが、元治元年6月5日(1864年7月8日)新選組によって踏み込まれ武器や書類などを押収された。
  • 捕縛された古高は過酷な拷問を受け、一橋慶喜松平容保らの暗殺計画を自白するに至った。そしてこの事件がきっかけとなり尊王攘夷派と新選組の戦闘(池田屋事件)へと発展していった。

見どころ・おすすめ

  • 古高の捕縛によって起こった池田屋事件は、ここから北に500mほどのところにある。

施設データ

地図
住所:京都府京都市下京区河原町通四条上る一筋目東入
古高俊太郎邸址

周辺の史跡を探す
主な施設
石碑のみ
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
【電車】
・阪急電車「河原町」駅から約0.1Km
・京阪電車「祇園四条」駅から約0.2Km

【バス】
・市バス「四条河原町」駅

【マイカー】
・名神高速「京都東IC」から約7Km

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました