スポンサーリンク

池田屋事変殉難志士墓所跡(三縁寺跡)

「池田屋事変殉難志士墓所跡」碑 事件
「池田屋事変殉難志士墓所跡」碑

池田屋事件で犠牲となった志士たちの墓所跡。

歴史・概略

  • 元治元年6月5日(1864年7月8日)、尊攘派志士たちが潜伏していた宿屋を、京都の治安維持を担う新選組が襲撃した池田屋事件が起こる。この襲撃によって尊攘派の志士・宮部鼎蔵(みやべ・ていぞう)吉田稔麿(よしだ・としまろ)北添佶摩(きたぞえ・きつま)大高又次郎石川潤次郎杉山松助松田重助らが亡くなった。
  • 事件のあと、志士たちの遺体は幕府との対立を恐れて、寺の多くが引き取りを拒んだ。そのため、池田屋から近い、三条大橋の東にあった浄土宗法輪山三縁寺に埋葬された。
  • 昭和54年(1979年)、京阪電車三条駅の周辺開発の際、寺は墓所ともに岩倉に移転となった。現在は墓所跡を示す石碑だけが残されている。

施設データ

地図
住所:京都府京都市東山区大橋町
池田屋事変殉難志士墓所跡(三縁寺跡)

周辺の史跡を探す
主な施設
石碑のみ
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
【電車】
・地下鉄「三条京阪」駅から約0.1Km
・京阪電車「三条」駅から約0.1Km
・阪急電車「河原町」駅から約0.8Km

【バス】
・市バス「三条京阪前」バス停
・京都バス「三条京阪前[南詰]」「三条京阪前」バス停
・京阪バス「三条京阪」バス停

【マイカー】
・名神高速道路「京都東IC」から約6Km

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました