スポンサーリンク

池田屋事変殉難志士墓所跡

「池田屋事変殉難志士墓所跡」碑 事件
「池田屋事変殉難志士墓所跡」碑

池田屋事件で犠牲となった志士たちの墓所跡。

  • 元治元年6月5日(1864年7月8日)、尊攘派志士たちが潜伏していた宿屋を京都の治安維持を担う新選組が襲撃した池田屋事件が起こる。この襲撃によって尊攘派の志士・宮部鼎蔵吉田稔麿、北添佶摩、大高又次郎、石川潤次郎、杉山松助、松田重助らが亡くなった。
  • 志士たちの遺体は幕府との対立を恐れて多くの寺が引き取りを拒んだため、池田屋のすぐ近く三条大橋の東にあった浄土宗法輪山三縁寺に埋葬された。
  • 昭和54年(1979年)、京阪電車三条駅の周辺開発の際、寺は墓所ともに岩倉に移転となり現在は墓所跡を示す石碑が残されている。

施設データ

地図
住所:京都府京都市東山区大橋町
池田屋事変殉難志士墓所跡

周辺の史跡を探す
主な施設
石碑のみ
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
・地下鉄「三条京阪」駅
・京阪「三条」駅
・阪急「河原町」駅

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました