スポンサーリンク

対馬宗氏屋敷跡

対馬宗氏屋敷跡碑 京都
対馬宗氏屋敷跡碑

江戸時代、京都にあった対馬藩の屋敷跡。

歴史・概略

  • 対馬藩は、江戸時代に長崎県対馬と佐賀県の一部を治めていた藩で、平安時代後期より宗氏が対馬を治めていた。ここに屋敷が建てられたのは、江戸時代初期とされる。
  • 幕末には家臣・大島友之允が長州藩士・桂小五郎と親交を深め、桂の寓居のひとつとなった。元治元年(1864年)新選組が尊王攘夷派志士たちを襲撃した池田屋事件が起こった際には、桂がこの屋敷へと逃げ難を逃れたとされる。

見どころ・おすすめ

  • 木屋町周辺は、幕末維新に関わる史跡が密集しているので、まとめて回るといい。

施設データ

地図
住所:京都府京都市中京区恵比須町
対馬宗氏屋敷跡

周辺の史跡を探す
主な施設
石碑(徳川時代対馬宗氏屋敷跡・桂小五郎寓居跡)のみ
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
・地下鉄「三条」「京都市役所前」駅
・京阪電鉄「三条」駅

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました