スポンサーリンク

吉田稔麿殉節地・山本覚馬八重邸・御土居跡

吉田稔麿殉節地・山本覚馬八重邸宅跡・御土居跡 その他遺跡
吉田稔麿殉節地・山本覚馬八重邸宅跡・御土居跡

長州藩の志士・吉田稔麿池田屋事件の戦闘で亡くなった地。また山本覚馬新島八重の邸宅跡、および御土居の跡とされる。

歴史・概略

  • 碑文
    「此付近 池田屋事件 吉田稔麿殉節之地」
    「北隣地 明治時代 山本覚馬・八重邸宅跡」
    「洛中惣構 土塁(御土居)跡」
  • 吉田稔麿は松下村塾の門下生で池田屋事件の日、吉田も池田屋で行われた尊王攘夷派による会合に参加、そこで新選組の襲撃を受けた際、長州藩邸に走るが門は閉ざされ門前で戦死したとも伝わる。
  • この石碑の北側は明治時代に元会津藩士・山本覚馬が妹の八重とともに暮らした邸宅跡で、覚馬は京都の発展に貢献、八重は失明した兄の世話をするなどして支えた。
  • 御土居は豊臣秀吉が京都市街地を囲むように作った城壁で、この場所は御土居の東端にあたる。

見どころ・おすすめ

  • 周辺には幕末の歴史史跡が数多く点在するので、まとめて回るといい。

施設データ

地図
住所:京都府京都市中京区下本能寺前町
吉田稔麿殉節地・山本覚馬八重邸・御土居跡

周辺の史跡を探す
主な施設
石碑・案内板
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
【電車】
・地下鉄「京都市役所前」駅から約0.1Km
・京阪電鉄「三条」駅から約0.5Km

【バス】
・市バス「京都市役所前」バス停
・京都バス「京都市役所前」バス停

【マイカー】
・名神高速「京都東IC」から約7Km

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました