スポンサーリンク

六条判官源為義公塚

源為義公塚 京都
源為義公塚

平安時代末期、皇位継承問題によって引き起こされた「保元の乱」に敗れて処刑された源為義(みなもとためよし)の墓。

  • 保元元年(1156年)、鳥羽法皇の崩御をきっかけに後白河天皇派と崇徳上皇派に朝廷が分裂、武力衝突をするに至った。後白河天皇側には平清盛源義朝らが付き、崇徳上皇側には源為義、平忠正らが付き一族を二分しての戦いとなった。
  • 戦いは後白河天皇側の勝利に終わり忠正と為義は処刑、崇徳上皇は讃岐へと流された。為義は子の義朝の手によって処刑されたという。
  • 現在の塚は梅小路貨物ヤードの整備にともなって明治期に移転されたものである。

施設データ

地図
住所:京都府京都市下京区七条通七本松東入る
六条判官源為義公塚

周辺の史跡を探す
主な施設
源為義公塚
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
・JR「丹波口」「西大路」駅
・市バス「七条千本」バス停

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました