スポンサーリンク

相模国分尼寺跡

国分尼寺金堂址碑 奈良時代
国分尼寺金堂址碑

奈良時代頃に建てられた相模国分尼寺の跡。

歴史・概略

  • 天平13年(741年)、聖武天皇(しょうむてんのう)の発した「国分寺建立の詔(みことのり)」によって、国分僧寺および国分尼寺がそれぞれ1つずつ各国約60か所に建てられた。しかし、律令制が次第に衰退していく過程で、多くの寺院は財政的援助が受けられず荒廃してしまった。
  • この地は相模国分尼寺のあった場所で、金堂跡のほか、講堂跡、鐘楼跡などが確認されている。この少し南側には国分寺跡があり、現在は公園として整備されている。

施設データ

地図
住所:神奈川県海老名市国分北
相模国分尼寺跡

周辺の史跡を探す
主な施設
国分尼寺金堂跡碑・案内板
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
・JR「海老名」駅
・小田急「海老名」駅

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました