山鹿素行

元和8年(1622年)~貞享2年(1685年)
やまが・そこう。会津出身の軍学者。林羅山の下で朱子学を学んだ。後に赤穂藩へお預けとなり、大石内蔵助らに対し教育を行った。

城跡

赤穂城

兵庫県赤穂市にあった城。 江戸時代の赤穂藩藩庁で加里屋城とも呼ばれる。 歴史・概略 築城:享徳年間(1452年~1455年) 廃城:明治6年...
邸宅・住居跡

山鹿素行誕生の地・直江兼続屋敷跡

会津若松の象徴である鶴ヶ城のすぐ西隣、上杉景勝の右腕ともいうべき直江兼続が屋敷を構えていた場所。また、江戸時代の儒学者、山鹿素行が生まれた場所でもある。 ...
タイトルとURLをコピーしました