スポンサーリンク

閑院内裏跡

閑院内裏跡碑 京跡・宮跡
閑院内裏跡碑

京都府京都市にあった藤原氏の屋敷および里内裏跡。

歴史・概略

  • 平安時代初期、桓武天皇から淳和天皇の4代に仕え異例の昇進を果たした公卿・藤原冬嗣が屋敷を置いたことに始まる。そのたたずまいから閑院の名が付いたと思われ屋敷の名から閑院大臣とも呼ばれた。
  • 以降藤原氏によって受け継がれ平安時代中期には藤原道長を支えた藤原公季が伝領、公季を初代とする一族は閑院流と呼ばれ院政期には天皇の外戚として絶大な権力を持つに至った。
  • 平安時代後期からは荒れた大内裏に代わり里内裏として使用されるようになったが、正元2年(1259年)の火災により焼失、以降は再建されなかった。
  • 室町時代後期にはこの場所に妙顕寺が建てられたが羽柴秀吉によって移転させられ跡には秀吉の邸宅・妙顕寺城が建てられた。

見どころ・おすすめ

  • この石碑のすぐ横に閑院内裏跡地に建てられた妙顕寺城跡の碑がある。閑院内裏跡の説明書きもそちらに立てられている。
  • なかなかこの石碑だけを目指すということはないと思うので堀河天皇里内裏跡東三条殿跡高松殿跡など付近の内裏跡をまとめて巡るか二条城のついでにでも回るのがよいかと。

施設データ

地図
住所:京都府京都市中京区古城町
閑院内裏跡

周辺の史跡を探す
主な施設
石碑のみ
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
【電車】
・地下鉄「二条城前」駅から約0.2Km
・JR「二条」駅から約1.3Km

【バス】
・市バス「二条城前」「堀川御池」バス停
・京都バス「堀川御池」「新町御池」バス停

【マイカー】
・名神高速「京都南IC」から約8Km

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました