スポンサーリンク

明智藪

明智藪 京都
明智藪

戦国時代最大のクーデターと言われる「本能寺の変」を起こした明智光秀最期の地。

歴史・概略

  • 天正10年6月2日(1582年6月21日)、京都本能寺において明智光秀が主君の織田信長を襲撃、同時に二条御所においても織田家当主であった信忠を討ち取り天下から織田家の排除に成功した。
  • しかしそれからわずか11日後の6月13日(西暦7月2日)、その報を聞き備中高松城より大軍で押し寄せた羽柴秀吉の軍と京都の西にある山崎において激突(山崎の戦い)し光秀は敗北した。
  • 光秀は山崎での敗北後、後方の勝竜寺城に入るが戦闘には不向きとして本拠の坂本城へと向かうが、その途中の小栗栖(おぐるす)で落ち武者狩りによって命を落としたという。
  • ただ、山科や醍醐といった記述はあるものの確実にこの場所といった特定する資料はなく、襲った人物についても落ち武者狩りではなく小栗栖を本拠とする飯田氏によって討ち取られたとする説もある。
  • 石碑の30メートルほど先の場所に明智藪と書かれた木札がある。

見どころ・おすすめ

  • 1Kmほど北側に光秀の胴を埋めたと言われる明智光秀胴塚があるので合わせて回るのがおすすめ。

施設データ

地図
住所:京都府京都市伏見区小栗栖小阪町
明智藪

周辺の史跡を探す
主な施設
石碑・案内
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
【電車】
・地下鉄「石田」駅から約1Km

【バス】
・醍醐コミュニティバス「南小栗栖」バス停
・京阪バス「南小栗栖」バス停

【マイカー】
・名神高速「京都東IC」から約6Km

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました