スポンサーリンク

明智光秀胴塚

明智光秀胴塚 京都
明智光秀胴塚

戦国時代最強の革命児である織田信長を謀反により殺害したいわゆる「本能寺の変」を起こしたことで知られる明智光秀の胴塚。

歴史・概略

  • 天正10年6月2日(1582年6月21日)、光秀は京都本能寺にいた主君の信長を兵1万3千(諸説あり)で襲撃、妙覚寺にいた織田信忠も同時に討ち取った。
  • しかし中国攻めをしていたはずの羽柴秀吉接近の報せが入り、光秀は6月13日(西暦7月2日)、京都の西・山崎でこれを迎え撃った(山崎の合戦)。秀吉側には次々と諸将が合流する一方、光秀側には諸将が集まらず数で圧倒された光秀軍は戦いから3時間ほどで敗走した。
  • 戦いのあと光秀は勝竜寺城に引き返し、その後少数で居城である坂本城を目指したが、その途中の小栗栖(おぐるす)において落ち武者狩りの竹槍に脇腹を刺されて深手を負ったと言われる。
  • 光秀は首を知恩院に届けて欲しいと言い残し自害、しかし首は付近の竹藪に隠され胴はこの付近に埋められたという。その後首は発見され粟田口にさらされたのち塚が築かれている。
  • 1Kmほど南には光秀が襲われたという明智藪、粟田口には首塚が残されている。

見どころ・おすすめ

  • 明智藪は割と近いので合わせて回るのがおすすめ。

施設データ

地図
住所:京都府京都市山科区勧修寺御所内町
明智光秀胴塚

周辺の史跡を探す
主な施設
胴塚
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
【電車】
・地下鉄「小野」駅から約0.7Km

【バス】
・京阪バス「西醍醐上ノ山町」バス停

【マイカー】
・名神高速「京都東IC」から約5Km

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました