スポンサーリンク

勝龍寺城跡

勝龍寺城跡 京都
勝龍寺城跡

京都府長岡京市にあった城。小竜寺城とも呼ばれる。
戦国時代、細川氏の城となり明智光秀の娘たま(後のガラシャ夫人)が輿入れし暮らした城として知られる。

歴史・概略

  • 築城:延元4年/暦応2年(1339年)
  • 廃城:慶安2年(1649年)
  • 築城主:細川頼春か
  • 構造:平城・梯郭式
  • 主な城主:岩成友通細川藤孝など
  • 延元4年/暦応2年(1339年)、細川頼春により築城
  • 永禄9年(1566年)、岩成友通に攻められ落城
  • 永禄11年(1568年)、織田信長軍に攻められ落城(勝竜寺城の戦い)
  • 元亀2年(1571年)、細川藤孝が入城
  • 天正6年(1578年)、明智光秀の娘お玉が細川忠興に輿入れ
  • 天正10年(1582年)、本能寺の変」後、明智光秀の属城となる
  • 天正10年(1582年)、山崎の合戦」で明智光秀が羽柴秀吉に敗れ落城
  • 慶安2年(1649年)、廃城
  • 「山崎の合戦」前後の出来事
    6月2日 本能寺の変
    6月6日 羽柴秀吉が備中高松城より引き上げ(中国大返し)(日付は諸説あり)
    6月13日 山崎の合戦
    6月13日 明智光秀が戦いに敗れ勝龍寺城へ帰城
    6月13日 明智光秀が坂本城へ逃げる途中で絶命
    6月14日 坂本城落城
    6月15日 安土城本丸焼失
    6月27日 清須会議

見どころ・おすすめ

  • 資料室では細川氏や「山崎の合戦」に関わる展示がされている。
  • 「山崎の合戦」に敗れた明智光秀が坂本城を目指して抜け出したという北門が残っており、当時の石垣が見られる。
  • 天守があったと考えられる西側の土塁からは天王山を望むことができる。
  • 山崎から長岡京にかけて周辺には「山崎の合戦」に関連する史跡が点在しているので、同時に回るのがおすすめ。1日で全部を回り切るのは結構大変かもしれないが、合戦のスケール感が掴める。
  • 天王山中腹の旗立松からは合戦場所周辺を俯瞰して見ることができる。

施設データ

地図
住所:京都府長岡京市勝竜寺
勝龍寺城跡

周辺の史跡を探す
主な施設
土塁・空堀・石垣・土橋・管理棟(休憩室・資料室)
利用時間
4月~10月 9:00 ~ 18:00
11月~3月 9:00 ~ 17:00
定休日
毎週火曜日
料金
無料
交通
【電車】
・JR「長岡京」駅から約0.8Km
・阪急電車「長岡天神」駅から約1.5Km

【バス】
・阪急バス「勝竜寺城公園前」バス停

【マイカー】
・名神高速「大山崎IC」から約2Km
・駐車場あり

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました