スポンサーリンク

聚楽城上杉景勝・直江兼続屋敷跡

聚楽城 上杉景勝・直江兼続屋敷跡 京都
聚楽城 上杉景勝・直江兼続屋敷跡

京都・聚楽第の武家地。上杉景勝直江兼続の屋敷があったと考えられている場所。

歴史・概略

  • 天正15年(1587年)、関白となった豊臣秀吉が聚楽第を築城、周辺には武家屋敷が配置された。しかし完成からわずか8年ほどで破却されてしまったため、ほとんど資料が残っておらず詳細は分かっていない。ただ、大名屋敷が並んでいたとされるエリアとそこに残された地名などから、この石碑の北側に景勝の屋敷が、南側には景勝の重臣・兼続の屋敷があったと推定されている。

見どころ・おすすめ

  • 現在、目に見える聚楽第の遺構はほとんど残っていないが、周辺には聚楽第跡や武家屋敷跡などがかなり広範囲に存在し石碑も立てられているので、これらを巡ってみるのがおすすめ。
  • 大名に関する名前が町名に残っている場所も多く、これらを辿るのも面白い。

施設データ

地図
住所:京都府京都市上京区椹木町通葭屋町東入る
聚楽城上杉景勝・直江兼続屋敷跡

周辺の史跡を探す
主な施設
石碑のみ
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
【電車】
・地下鉄「二条城前」駅から約0.8Km

【バス】
・市バス「堀川丸太町」「堀川下立売」バス停

【マイカー】
・名神高速「京都南IC」から約8Km

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました