スポンサーリンク

二条殿跡

二条殿址碑 事件
二条殿址碑

本能寺の変」において、織田信長の嫡男・信忠明智光秀の軍勢と戦い討死した場所。

歴史・概略

  • 天正5年(1577年)、信長が当時公家の二条邸だった場所に新造した上洛時の宿所で、その後誠仁親王(さねひとしんのう・正親町天皇の皇子・後の陽光院)に献上したため二条御所とも呼ばれた。他に押小路烏丸殿、二条御新造、下の御所とも。
  • 「本能寺の変」当日、信長は本能寺に100人ほどで宿泊し、信忠は本能寺から北東700メートルほど離れた二条御所西隣の妙覚寺に500人ほどで宿泊していた。信忠は本能寺での報を受けると本能寺へ向けて出陣したが、すでに本能寺が落ちたことを知り、妙覚寺より守りに適した二条御所へと移った。信忠は誠仁親王らを逃がして明智軍と奮戦するが最期は自刃して果てた。
  • 信忠は自刃の際、自身の身体を床下に隠すよう言ったとされ、本能寺で亡くなった信長同様に信忠の遺体は見つからなかった。
  • 二条御所北隣には近衛前久邸があったといい、ここからも明智軍が矢を射かけたという。このことが後に近衛前久が黒幕ではないかとの憶測を呼ぶ原因ともなった。

見どころ・おすすめ

  • このひとつ西の通りにも二条殿跡碑がある。
  • 本能寺跡碑が南西に1キロほどの場所に立てられているのでそちらも回るといい。というかそっちのついでにこっちを回ると言ったところだと思うが・・・
  • 周辺の同時代遺構として本能寺の変の後、羽柴秀吉が建てた妙顕寺城跡足利義昭二条城跡などがある。

関連動画

明智光秀謀反!もうひとつの「本能寺の変」【麒麟がくる】
明智光秀が京都本能寺にいた主君・織田信長を襲撃した「本能寺の変」 これに合わせて起こった嫡男・信忠襲撃の現場を歩いてみた ・信忠が事件当時に宿泊していた妙覚寺跡 ・信忠が明智軍と戦って最期を迎えた二条御新造跡(二条殿跡) #本能寺の変 #明智光秀 #織田信忠
明智光秀謀反!「本能寺の変」織田信長最期の地・本能寺跡【麒麟がくる】
日本史上最大のクーデターと言われる「本能寺の変」 今現在の京都本能寺の姿を覗いてみた #本能寺の変 #明智光秀 #織田信長

施設データ

地図
住所:京都府京都市中京区両替町通御池上る
二条殿跡

周辺の史跡を探す
主な施設
石碑のみ
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
【電車】
・地下鉄「烏丸御池」駅から約0.1Km
・阪急電車「烏丸」駅から約1Km

【バス】
・市バス「新町御池」「烏丸御池」バス停
・京都バス「新町御池」「烏丸御池」バス停

【マイカー】
・名神高速「京都南IC」から約8Km

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました