本能寺跡

本能寺跡 事件
本能寺跡

天正10年6月(1582年)、京都本能寺にいた織田信長を配下である明智光秀が急襲したいわゆる「本能寺の変」が起こった事件当夜、本能寺が建っていた場所である。今も御池通り沿いに本能寺が建っているが、これはその後に移動したものである。

  • 当時の本能寺は寺とはいっても信長上洛の際の宿所となっていたため、広大な敷地を持ち堀や石垣などで囲まれ城のような作りであったという。
  • 事件発生当時、信長の手勢はわずかで重臣たちは京都からは遠く離れた場所にいた。柴田勝家は北陸で上杉と対峙し、滝川一益は遠く関東に、徳川家康は少ない供のみで堺へ、羽柴秀吉は中国で毛利と対峙しており京都制圧後にすぐに大軍が押し寄せる状況にはないと考えたと思われる。
  • さらに織田家の家督を譲られた信忠が同じ日に京都に滞在したことも光秀が事件を起こした要因の一つと考えられる。
  • 襲撃を受けた信長は弓をとって戦うも最期は自害して果て、この事件を境に日本の歴史が大きく変わることとなった。
  • ただし、なぜ光秀がこのような事件を引き起こしたのかについて本当の理由はいまだ明らかになっていない。
  • 「本能寺の変」前後の出来事
    <天正10年>
    3月11日 武田家滅亡
    5月 明智光秀が徳川家康の饗応役を務める
    5月28日 明智光秀が愛宕山で連歌の会を催す
    6月2日 本能寺の変
    6月13日 山崎の合戦
    6月27日 清須会議
地図
住所:京都府京都市中京区 元本能寺南町
本能寺跡

≫ 周辺のスポットを見る
主な施設
石碑のみ
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
・阪急「四条烏丸」駅
・京都地下鉄「四条烏丸」駅

コメント

  1. 昔はたった130メートル四方の小さい敷地でした

タイトルとURLをコピーしました