スポンサーリンク

太田茶臼山古墳(継体天皇陵)

太田茶臼山古墳(継体天皇陵)古墳
太田茶臼山古墳(継体天皇陵)

大阪府茨木市にある古墳。

歴史・概略

  • 太田茶臼山古墳(おおだちゃうすやまこふん)は、全長226メートルに及ぶ巨大な前方後円墳で、宮内庁によって継体天皇陵に治定されている。
  • 継体天皇(けいたいてんのう)(450年頃~531年頃)は第15代応神天皇5世の孫とされ、男大迹王(をほどのおおきみ)と記される。後嗣のなかった武烈天皇が崩御した後、大連・大伴金村らによって迎えられ第26代天皇となった。
  • ただし、古墳は周辺の調査などから5世紀中ごろの築造と考えられるため、継体天皇が崩御した時期と実は時代が合っていない。だが、この古墳の少し東側にある今城塚古墳とは時代が合致するため、こちらが継体天皇の真陵であると考えられている。

見どころ・おすすめ

施設データ

地図
住所:大阪府茨木市太田
太田茶臼山古墳(継体天皇陵)

周辺の史跡を探す
主な施設
古墳
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
【電車】
・JR「JR総持寺」駅から約2Km
・阪急電鉄「富田」駅から約2.5Km

【バス】
・近鉄バス「太田」バス停
・高槻市営バス「土室南」バス停

【マイカー】
・名神高速道路「茨木IC」から約3Km

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました