スポンサーリンク

白井河原合戦跡

白井河原合戦跡 古戦場
白井河原合戦跡

元亀2年(1571年)8月28日、摂津国白井河原付近で行われた戦闘跡地。

歴史・概略

  • 織田勢であった茨木重朝和田惟政連合軍と反織田勢であった荒木村重中川清秀連合軍との間に起った戦闘。
  • 京と西国を結ぶ西国街道の芥川宿(高槻市)と郡山宿(茨木市)の間にある白井河原を挟んで西側の馬塚に荒木・中川連合軍2500騎、東側の糠塚に茨木・和田連合軍500騎が布陣し、両軍が対峙した。
  • 茨木・和田連合軍は数に勝る敵軍を前に時間稼ぎを図ったが、陣形が整う前に戦端が開かれたという。惟政は清秀によって討ち取られ、重朝も村重本陣に迫る奮戦を見せたが村重により討ち取られた。
  • 大将を失った茨木・和田連合軍は壊滅、この後荒木・中川連合軍は茨木城郡山城を落とし、高槻城を攻囲したが織田側からの勧告により撤兵した。

見どころ・おすすめ

  • 周辺には白井河原の戦いに関する史跡が点在しているので、まとめて回るといい。

施設データ

地図
住所:大阪府茨木市耳原
白井河原合戦跡

周辺の史跡を探す
主な施設
案内板のみ
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
【バス】
・阪急バス「中河原」「中河原南口」バス停

【マイカー】
・名神高速「茨木IC」から約1Km

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました