スポンサーリンク

糠塚跡(白井河原の戦い)

糠塚(白井河原合戦跡) 古戦場
糠塚(白井河原合戦跡)

大阪府茨木市にある塚跡。
戦国時代に起った「白井河原の戦い」の際に茨木重朝和田惟政の連合軍が陣を置いた場所。

歴史・概略

  • 元亀2年(1571年)に起った「白井河原の戦い」において、荒木村重中川清秀連合軍と戦った茨木城城主・茨木重朝、高槻城城主・和田惟政がこの付近に陣を置いた。
    白井河原合戦跡

    白井河原合戦跡

  • 天正6年(1578年)、荒木村重が織田信長に対して謀反を起こした際(有岡城の戦い)、この付近に織田方の陣が敷かれた。
    有岡城跡

    荒木村重の居城・有岡城跡

  • 糠塚は東西に延びる西国街道沿いにあり、古くよりランドマーク的な存在であったと思われるが、現在は失われその姿を確認することはできない。

施設データ

地図
住所:大阪府茨木市南安威
糠塚跡(白井河原の戦い)

周辺の史跡を探す
主な施設
案内板のみ
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
・阪急バス「福井」「安威団地」バス停
・駐車場あり

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました