スポンサーリンク

後一條天皇 菩提樹院陵

後一條天皇 菩提樹院陵 京都
後一條天皇 菩提樹院陵

平安時代中期に在位した後一条天皇の陵墓。

歴史・概略

  • 後一条天皇(ごいちじょうてんのう)。第68代天皇。敦成(あつひら)。
  • 在位:長和5年(1016年) ~ 長元9年(1036年)
  • 父:一条天皇 母:藤原彰子藤原道長の娘)
  • 御陵名:菩提樹院陵(ぼだいじゅいんのみささぎ)
  • 墳形:円丘
  • 彰子の父である道長の屋敷・土御門殿で生まれ、9歳で即位、道長が摂政として政務をとった。さらに道長は娘の威子を中宮として入内させるなど、道長の権勢維持のため次々と身内を天皇家に送っている。
  • 最期は病に倒れ在位したまま29歳で崩御、天皇には皇子がいなかったため同母弟の後朱雀天皇が即位した。

見どころ・おすすめ

  • すぐ近くに陽成天皇陵があるのでそちらも一緒に回るといい。
  • 天皇陵だけを目的にというのはなかなかないと思うので、吉田神社あるいは黒谷(金戒光明寺)のついでにでも回るのがいいと思う。

施設データ

地図
住所:京都府京都市左京区吉田神楽岡町
後一條天皇 菩提樹院陵

周辺の史跡を探す
主な施設
陵墓
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
【電車】
・京阪電車「神宮丸太町」駅から約1.7Km
・叡山電鉄「出町柳」駅から約1.9Km
・地下鉄「蹴上」「東山」駅から約2Km

【バス】
・市バス「浄土寺」「錦林車庫前」バス停

【マイカー】
・名神高速「京都東IC」から約8Km

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました