スポンサーリンク

土御門第跡(京都御苑)

土御門第跡 京跡・宮跡
土御門第跡

平安時代の中期、権力の座に上り詰め栄華を極めた藤原道長の邸宅跡。

歴史・概略

  • 道長は摂政・藤原兼家の五男であり、摂政・関白は兄たちが継承していったため、本来ならば権力の座につく立場にはなかった。しかし、その兄たちが相次いで亡くなったことにより権力争いが勃発、道長はこの争いを制して藤原氏の長者となった。
  • 土御門第はもともと宇多天皇を祖とする源雅信の屋敷で、後に雅信の娘・倫子と道長が結婚、雅信が亡くなったあと屋敷を継承したとみられる。
  • 土御門第の名は土御門大路に面していたことに由来し、この道が大内裏の上東門から伸びる道であったことから上東門殿とも呼ばれた。道長の娘・藤原彰子が後に上東門院と呼ばれたのもこの屋敷に起因している。
  • 道長は娘の彰子を一条天皇の中宮とし、後の後一条天皇後朱雀天皇をこの邸内で出産している。また後朱雀天皇東宮妃となった道長の娘・嬉子も、後の後冷泉天皇をここで産んでいる。
  • さらに道長の晩年には、邸の東側に鴨川にかけて広大な規模を持つ法成寺を建立するなどし、藤原氏としての最盛期を過ごした。建物は火災によって焼失、再建を度々繰り返したが、やがて時代とともに藤原氏の権力も陰りを見せ、土御門第も法成寺も次第に廃れていった。

見どころ・おすすめ

  • かつて存在していた宮家や公家屋敷の多くは一部を残してほとんどが撤去されており、今は一年中草花が楽しめる公園として整備されている。
  • 京都御苑内は平安時代から幕末に至る屋敷跡が点在し、いたるところに説明書きの駒札が立てられているのでそれを巡るだけでもかなり楽しめる。

施設データ

地図
住所:京都府京都市上京区京都御苑
土御門第跡(京都御苑)

周辺の史跡を探す
主な施設
案内板のみ
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
【電車】
・地下鉄「今出川」「丸太町」駅
・京阪「出町柳」「神宮丸太町」駅

【バス】
・市バス「府立医大病院前」「荒神口」駅

【マイカー】
・名神高速「京都南IC」から約9Km
・駐車場あり

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました