スポンサーリンク

陽成天皇 神楽岡東陵

陽成天皇 神楽岡東陵 京都
陽成天皇 神楽岡東陵

平安時代初期に在位した陽成天皇の陵墓。

歴史・概略

  • 陽成天皇(ようぜいてんのう)。第57代天皇。貞明(さだあきら)。
  • 在位:貞観18年(876年) ~ 元慶8年(884年)
  • 父: 清和天皇 母:藤原高子(太政大臣・藤原長良の娘)
  • 御陵名:神楽岡東陵(かぐらがおかのひがしのみささぎ)
  • 墳形:八角丘
  • 父・清和天皇の譲位により9歳で即位、天皇が幼少であるため伯父の藤原基経が摂政として政治を行った。
  • 清和天皇の崩御後、基経との関係が悪化、そんななか宮中で官人が殺害されるという事件が起こる。真相は定かでないがこの事件を機に基経に譲位を迫られ、皇統の違う光孝天皇に17歳で譲位した。
  • 冷然院において崩御。宝算82。

見どころ・おすすめ

  • 後一條天皇陵が近くにあるので、まとめて回るといい。
  • 金戒光明寺から近いので、そちらを回るついでに寄ったらいいかと。

施設データ

地図
住所:京都府京都市左京区浄土寺真如町
陽成天皇 神楽岡東陵

周辺の史跡を探す
主な施設
神楽岡東陵
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
【電車】
・京阪電車「神宮丸太町」駅から約1.7Km
・地下鉄「東山」「蹴上」駅から約1.9Km

【バス】
・市バス「錦林車庫前」バス停

【マイカー】
・名神高速「京都東IC」から約8Km

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました