スポンサーリンク

橋本家跡(京都御苑)

皇女和宮先端の地 京都
皇女和宮先端の地

京都御苑内にある公家・橋本家の屋敷跡。

歴史・概略

  • 橋本家は藤原氏一族のひとつで、鎌倉時代中期の太政大臣・西園寺公相(さいおんじきんすけ)の四男であった橋本実俊(はしもとさねとし)に始まる。藤原北家閑院流。西園寺庶流。羽林家のひとつ。
  • 江戸時代末期には、将軍・徳川家茂に嫁いだ皇女和宮がこの場所で生まれ育った。和宮は仁孝天皇と側室の橋本経子との間に生まれた皇女で、孝明天皇の異母妹にあたる。公武合体政策を推し進めるため、有栖川宮熾仁親王との婚約を破棄し、将軍家に降嫁した。

見どころ・おすすめ

  • かつて存在していた宮家や公家屋敷の多くは、一部を残してほとんどが撤去されており、今は一年中草花が楽しめる公園として整備されている。
  • 京都御苑内は平安時代から幕末に至る屋敷跡が点在し、いたるところに説明書きの駒札が立てられているので、それを巡るだけでもかなり楽しめる。

施設データ

地図
住所:京都府京都市上京区京都御苑
橋本家跡(京都御苑)

周辺の史跡を探す
主な施設
案内板のみ
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
【電車】
・地下鉄「今出川」「丸太町」駅
・京阪電車「出町柳」「神宮丸太町」駅

【バス】
・市バス「同志社前」「烏丸一条」「府立医大病院前」「烏丸今出川」バス停

【マイカー】
・名神高速「京都南IC」から約9Km
・駐車場あり

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました