幕末維新

京跡・宮跡

花山院邸跡(京都御苑)

平安時代から明治に至るまで存在した藤原氏の邸宅跡、および御所跡。 歴史・概略 平安時代中期、清和天皇皇子・貞保親王(870年~924年)が邸宅を構...
京都

橋本左内寓居跡

江戸時代末期の思想家・橋本左内の寓居(福井藩邸)跡。 橋本左内は福井の医者の家に生まれ、大坂にある緒方洪庵の適塾で医学を学んだ。その後福井藩主の松平春嶽...
幕末維新

西郷頼母邸跡

江戸時代末期の会津藩家老・西郷頼母(さいごうたのも)の屋敷跡。 西郷家は代々会津藩家老を務める家柄で頼母が家督を継いだ後、藩主の松平容保に家老として仕え...
京都

金戒光明寺

京都市にある浄土宗寺院。通称「黒谷」と呼ばれている。境内には多くの伽藍が立ち並んでおり、時代劇やドラマなど数多くの撮影に使われている。 承安5年(117...
京都

御陵衛士屯所跡(月真院)

京都東山にある豊臣秀吉の妻・ねねゆかりの高台寺の塔頭。 元和2年(1616年)、北政所の従弟・久林元昌(玄昌)が津和野藩主・亀井茲政の力を借りて建立した...
その他遺跡

坂本龍馬 お龍「結婚式場」跡

青蓮院塔頭のひとつ金蔵寺の跡。幕末期、坂本龍馬とお龍の結婚式が行われた場所。 青蓮院は平安時代末期に開かれた天台宗寺院で鎌倉時代に現在地である粟田口に移...
京都

大久保利通旧邸

幕末期の京都にあった大久保利通の邸宅跡。 大久保利通(おおくぼ・としみち)は倒幕に力を注いだ人物で、倒幕後は内務卿として明治新政府をけん引した。幕末から...
京都

お龍の実家楢崎家跡

幕末の英雄・坂本龍馬の妻であったお龍の実家・楢崎家があった場所。 天保12年(1841年)、お龍は楢崎将作(ならざきしょうさく)の長女として京都富小路六...
事件

池田屋事変殉難志士墓所跡

池田屋事件で犠牲となった志士たちの墓所跡。 元治元年6月5日(1864年7月8日)、尊攘派志士たちが潜伏していた宿屋を京都の治安維持を担う新選組が襲撃し...
京都

伏見土佐藩邸跡

江戸時代、土佐藩が京都伏見に置いた藩邸跡。 伏見の町は伏見城築城による城下町の形成以降、京都の中心部と大阪とを結ぶ物流の要衝として栄え、土佐藩だけでなく...
京都

伏見長州藩邸跡

江戸時代、長州藩が京都伏見に置いた藩邸跡。 伏見の町は伏見城築城による城下町の形成以降、京都の中心部と大阪とを結ぶ物流の要衝として栄え、多くの藩がここに...
京都

御香宮神社

京都市伏見にある神社。「鳥羽・伏見の戦い」における戦地のひとつ。 元々の名称は御諸神社。創建年代は不明。 貞観4年(862年)、境内より水が湧きだし...
京都

会津藩駐屯地跡(伏見御堂)

京都市伏見にある浄土真宗大谷派の寺院。「鳥羽・伏見の戦い」における戦地のひとつ。 慶長年間(1596年~1615年)、徳川家康の寄進を受け東本願寺第12...
その他遺跡

伏見奉行所跡

旧幕府軍と新政府軍が戦った「鳥羽・伏見の戦い」における激戦地のひとつ。 伏見は江戸幕府の直轄領で伏見奉行は幕府が各地に置いた遠国奉行のひとつ。 伏見...
京都

伏見口の戦い激戦地跡

旧幕府軍と新政府軍が戦った「鳥羽・伏見の戦い」における激戦地。 慶応3年10月14日(1867年11月9日)、徳川慶喜が倒幕の動きを牽制するため大政奉還...
事件

坂本龍馬避難の材木小屋跡

幕末の伏見で奉行所の役人が船宿寺田屋にいた坂本龍馬を襲撃したいわゆる寺田屋事件の際、龍馬が身を潜めたと言われる材木小屋の跡。 慶応2年1月24日(18...
事件

薩摩島津伏見屋敷跡

江戸時代、薩摩藩が京都伏見に置いた藩邸跡。 碑文「江戸時代 薩摩島津伏見屋敷跡」「坂本龍馬 寺田屋脱出後 避難之地」「天璋院篤姫 洛中洛外滞在時の宿泊地...
事件

寺田屋

京都伏見にあった船宿。幕末の混乱期、薩摩藩同士の粛清が行われたり、坂本龍馬が襲撃を受けたりした寺田屋事件が起きた現場として知られる。 歴史・概略 ...
墓・慰霊碑

徳川慶喜謹慎之地(宝台院)

江戸幕府最後の将軍となった徳川慶喜が江戸城開城後に謹慎した寺院。 歴史・概略 江戸幕府2代将軍・秀忠の生母である西郷の局の菩提寺。 大政奉還の...
幕末維新

徳川慶喜公屋敷跡

江戸幕府最後の将軍となった徳川慶喜が明治維新後に過ごした屋敷跡。 徳川慶喜は大政奉還の後に勃発した戊辰戦争の責任を取り「宝台院」で謹慎、明治2年にはすぐ...
タイトルとURLをコピーしました