スポンサーリンク

一條邸跡(京都御苑)

一條邸跡 京都
一條邸跡

京都御苑内にある藤原氏一族・一条家の屋敷跡。

歴史・概略

  • 一条家は、近衛家や九条家、二条家、鷹司家と並ぶ五摂家のひとつで、摂政や関白を輩出する家であった。その始まりは鎌倉時代の九条道家の三男・一条実経で、家名は一条殿の屋敷名に由来する。
  • 京都御苑は鎌倉時代に光厳天皇が里内裏を置いたことに始まり、それ以前はここより2キロほど西に内裏が置かれていた。室町時代以降には内裏として定着し、周辺には宮家や公家屋敷がなどが集まり東京遷都まで続いたが、今は公園として整備されている。

見どころ・おすすめ

  • かつて存在していた宮家や公家屋敷の多くは、一部を残してほとんどが撤去されており、今は一年中草花が楽しめる公園として整備されている。
  • 京都御苑内は平安時代から幕末に至る屋敷跡が点在し、いたるところに説明書きの駒札が立てられているので、それを巡るだけでもかなり楽しめる。

施設データ

地図
住所:京都府京都市上京区京都御苑
一條邸跡(京都御苑)

周辺の史跡を探す
主な施設
木碑のみ
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
【電車】
・地下鉄「今出川」駅
・京阪電車「出町柳」駅

【バス】
・市バス「烏丸今出川」「同志社前」「烏丸一条」バス停

【マイカー】
・名神高速「京都南IC」から約9Km
・駐車場あり

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました