スポンサーリンク

枇杷殿跡(京都御苑)

枇杷殿跡 京跡・宮跡
枇杷殿跡

京都御苑内にある平安時代の藤原氏の屋敷跡。

歴史・概略

  • 枇杷殿(びわどの)は平安時代中期の公卿・藤原仲平の屋敷跡で邸内に枇杷が植えられていたことが名の由来とされる。元は平安時代初期の公卿・藤原長良の屋敷でその後基経や仲平、道長らが所有している。
  • 道長の時代、一条天皇三条天皇が内裏の焼失などにより一時期この屋敷に遷り里内裏としても使われたという。
  • 京都御苑は鎌倉時代に光厳天皇が里内裏を置いたことに始まり、それ以前はここより2キロほど西に内裏が置かれていた。室町時代以降には内裏として定着し、周辺には宮家や公家屋敷がなどが集まり東京遷都まで続いたが、今は公園として整備されている。

見どころ・おすすめ

  • かつて存在していた宮家や公家屋敷の多くは一部を残してほとんどが撤去されており、今は一年中草花が楽しめる公園として整備されている。
  • 京都御苑内は平安時代から幕末に至る屋敷跡が点在し、いたるところに説明書きの駒札が立てられているのでそれを巡るだけでもかなり楽しめる。

施設データ

地図
住所:京都府京都市上京区京都御苑
枇杷殿跡(京都御苑)

周辺の史跡を探す
主な施設
案内板のみ
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
【電車】
・京都地下鉄「今出川」「丸太町」駅
・京阪電車「出町柳」「神宮丸太町」駅
・叡山電鉄「出町柳」駅

【バス】
・市バス「烏丸一条」「烏丸下長者町」バス停

【マイカー】
・名神高速「京都南IC」から約9Km
・駐車場あり

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました