足利将軍室町第址

足利将軍室町第址 京都
足利将軍室町第址

室町幕府の時代、足利将軍家が邸宅としていた室町第があった場所。

  • 室町第は京都御所のすぐ近くに位置しており、東西は室町通から烏丸通、南北は上立売通から今出川通に及ぶ広大な敷地を持っていた。室町通に正門を構えていたことから室町幕府の名前の由来にもなっている。ここにある石碑は敷地の南西角にあたり、この場所から東へ約150メートル、北へ約300メートルが室町第の範囲であった。
  • 2代将軍の義詮が別邸としたことに始まり、3代将軍の義満が造営し移り住んだ。一時期、崇光上皇の御所となっていたことから「花の御所」とも呼ばれた。
  • その後8代将軍義政の代になって後継者争いが起こり「応仁の乱」が勃発、邸宅は東軍の陣地となり西軍の攻撃を受けて焼失した。
  • 現在、室町第に関する遺構はほとんど残っていないが北側に「花の御所碑」と「花の御所石敷き」がある。
地図
住所:京都府京都市上京区今出川町
足利将軍室町第址

≫ 周辺のスポットを見る
主な施設
石碑のみ
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
・地下鉄「今出川」駅
・市バス「上京区総合庁舎前」「烏丸今出川」バス停

コメント

タイトルとURLをコピーしました