スポンサーリンク

中尾城跡

中尾城本丸跡 京都
中尾城本丸跡

京都府京都市にあった城

歴史・概略

  • 築城:天文18年(1549年)
  • 廃城:天文19年(1550年)
  • 築城主:足利義晴細川晴元
  • 構造:山城
  • 主な城主:足利義晴・足利義輝
  • 天文18年(1549年)、江口の戦い」で三好長慶に敗れ京都を追われた12代将軍・足利義晴と、管領・細川晴元が京都奪還のため、京都東山の如意ヶ嶽中腹に築城した城。
  • 天文19年(1550年)、義晴が死去。義晴の子で打倒長慶を受け継ぐ13代将軍・足利義輝が中尾城に入城、ここを拠点に上洛してきた三好軍と京都各地で戦闘を起こした。
  • しかし、三好軍が近江へと進出し始めたため、背後を脅かされた義輝は中尾城を撤退、その後入ってきた三好軍によって破却された。
  • 京都東山は京都市街地の東側にある山で、京都を本拠とする足利将軍家の詰めの城として、たびたび利用された。中尾城のほか将軍山城如意ヶ嶽城・霊山城などが建てられ、戦場となった。

見どころ・おすすめ

  • 銀閣寺から大文字山(如意ヶ嶽)に登る登山道から別のルートへ進む。メインルートから外れていて、道がやや荒れているので注意が必要。
  • 城跡はほとんど野放し状態。逆に言うと廃城後の状態がそのまま残されていて、曲輪や土塁、土橋などが割と分かりやすい状態で残っている。
  • 銀閣寺から登ると手前のピーク(中尾城の北西)が大山出城で、ここにも曲輪跡や土塁跡などが残されている。

施設データ

地図
住所:京都府京都市左京区浄土寺打越町
中尾城跡

周辺の史跡を探す
主な施設
曲輪・土塁・堀切
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
【電車】
・京阪電車「出町柳」駅から(麓まで)約2Km
・叡山電鉄「出町柳」駅から(麓まで)約2Km

【バス】
・市バス「銀閣寺前」バス停

【マイカー】
・名神高速「京都東IC」から(麓まで)約7Km

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました