スポンサーリンク

芥川山城(三好長慶の居城)

芥川山城跡 古戦場
芥川山城跡

大阪府高槻市にあった戦国時代の城。

歴史・概略

  • 築城:永正12年(1515年)?
  • 廃城:元亀2年(1571年)
  • 築城主:細川高国
  • 構造:連郭式山城
  • 主な城主:細川晴元・三好長慶
  • 永生年間(1504年~1521年)頃、室町幕府管領・細川高国配下の能勢(のせ)氏による築城がはじまりとされる。本格的な山城になったのは、高国との抗争に勝利した細川晴元(ほそかわ・はるもと)が本拠としていた時代で、その後晴元は配下の三好長慶(みよし・ながよし)によって京を追われた。芥川山城は三好方の城となって、天文22年(1553年)には長慶の本拠となった。
  • 永禄3年(1560年)、長慶は芥川山城を嫡男の義興(よしおき)に譲り、河内の飯盛山城へ移った。
  • 永禄6年(1563年)、城主の義興が急死、その後は三好三人衆のひとり三好長逸(みよし・ながやす)が城主となった。
  • 永禄11年(1568年)、織田信長が近畿に勢力を伸ばし三好勢力を京周辺から追い出すと、和田惟政(わだ・これまさ)高槻城に入城、元亀2年(1571年)に芥川山城は廃城となった。
  • 本来、芥川城(あくたがわじょう)と呼ぶのが正しいが、南の平野部にあった芥川城と混同されるのを避けるため、今は芥川山城と呼んで区別される。

見どころ・おすすめ

  • 本丸跡-山頂部に位置し、南方向の眺めがよく遠く大阪の街を望める。
  • 曲輪群・土塁-数多くの曲輪群がそのまま残されており、周囲の土塁の様子もはっきりとわかる。
  • 堀切・土橋-曲輪群を分断する堀切とそれを繋ぐ土橋の様子が良く分かる。
  • 石垣-大手道にはだいぶ朽ちてはいるが石垣が残されている。

関連動画

戦国最初の天下人!三好長慶の居城 芥川山城 前編【ゆっくり歴史紀行】
戦国時代最初の天下人と言われる三好長慶 その長慶が天下を治める本拠とした城・芥川山城を散策 #歴史 #三好長慶

施設データ

地図
住所:大阪府高槻市原
芥川山城(三好長慶の居城)

周辺の史跡を探す
主な施設
曲輪、堀切、石垣、土塁、土橋、虎口
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
【バス】
・高槻市バス「塚脇」バス停

【マイカー】
・新名神高速「高槻IC」から約4Km

コメント

  1. 本丸跡からの眺めがいい

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました