スポンサーリンク

徳川家康本陣跡

徳川家康本陣跡 古戦場
徳川家康本陣跡

戦国時代末期、三河国長篠において織田・徳川連合軍が甲斐の武田軍を打ち負かした「長篠の戦い」の際、徳川家康がここに本陣を置いた。

  • 武田信玄亡き後、武田家を引き継いだ勝頼は三河へと侵攻、大軍で徳川方の長篠城を包囲した。これに対抗するべく家康は信長に援軍を頼んで長篠へと向かい、長篠城東側の設楽ヶ原で武田軍と対峙した。
  • 天正3年5月21日(1575年6月29日)、武田軍1万5千、織田・徳川連合軍3万8千が激突。家康が布陣した弾正山はすぐ東を流れる連吾川を挟んで武田軍と対峙しており、最前線とも言える場所で多大な犠牲を払って戦ったという。

施設データ

地図
住所:愛知県新城市竹広
徳川家康本陣跡

周辺の史跡を探す
主な施設
八釼神社
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
・JR「三河東郷」「茶臼山」駅

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました