スポンサーリンク

駿府城公園

駿府城 城跡
駿府城

静岡県静岡市にあった城。徳川家康が大御所として晩年を過ごした城として知られる。

歴史・概略

  • 築城:天正13年(1585年)
  • 廃城:明治2年(1869年)
  • 築城主:徳川家康
  • 構造:輪郭式・平城
  • 主な城主: 徳川氏・中村氏・内藤氏
  • 日本100名城
  • 室町時代、駿河を領有する今川氏によって今川館が築かれたことに始まる。今川家の人質となっていた若き徳川家康も駿府で10年ほどを過ごした。その後、織田信長により今川義元が討ち取られ力を弱めた今川氏は、甲斐の武田氏によって城を追われた。しかし、今度は織田・徳川連合軍によって武田氏が滅ぼされ、徳川氏が駿河を領有することとなり、駿府城を築城し浜松城から居城を移した。
  • 北条氏滅亡後に駿府城は一旦豊臣系へと代わるが、関ケ原の戦いに勝利し徳川氏が再び取り戻した。天下人となった家康は将軍職を秀忠に譲り、大御所として駿府城に隠居する。それに際して全国の大名に命じて修築させ、3重の濠を持ち5層7階の大天守がそびえる大御所が住むに相応しい立派な城となった。
  • おもな出来事
    1549年 徳川家康、駿府で今川氏の人質として駿府で生活を送る
    1585年 家康が駿府城を居城とし、築城を開始
    1589年 駿府城が完成
    1590年 家康、江戸に移封され豊臣系の中村一氏が入封
    1600年 関ケ原の戦い
    1601年 徳川家臣・内藤信成が入封
    1606年 家康が大御所として駿府城に入城
    1607年 焼失した本丸、二ノ丸の修築
    1610年 天守閣完成
    1616年 家康、死去
    1635年 失火により建物の大半を焼失
    1638年 御殿、櫓、城門を再建
    1707年 宝永大地震で建物、石垣などに被害
    1854年 安政の地震で建物、石垣などに被害
    1891年 公園となる
    1896年 陸軍省に奉納
    1949年 再度公園として整備

見どころ・おすすめ

  • 東御門・巽櫓-復元櫓。駿府城の発掘資料や徳川家康に関する資料館。
  • 坤櫓-復元櫓。
  • 天守台-現在発掘調査中。
  • 家康公像-晩年の家康公の姿を再現した像。

施設データ

地図
住所:静岡県静岡市葵区駿府城公園
駿府城公園

周辺の史跡を探す
主な施設
東御門・巽櫓・坤櫓・紅葉山庭園
利用時間
公園内は常時

【東御門・巽櫓・坤櫓・紅葉山庭園】
 9:00 ~ 16:30
定休日
公園内は無休

【東御門・巽櫓】
 月曜日(祝日、休日の場合は翌日)・ 年末年始

【坤櫓・紅葉山庭園】
 月曜日(祝日、休日の場合は開館)・年末年始
料金
公園内は無料

【東御門・巽櫓】
 大人200円 小人50円

【坤櫓】
 大人100円 小人50円

【紅葉山庭園】
 大人150円 小人50円
(各種割引き、共通券等あり)
交通
【電車】
・静鉄「新静岡」駅から約0.4Km
・JR「静岡」駅から約0.8Km

【バス】
・駿府浪漫バス「東御門」「駿府城ひつじさる櫓」「中央体育館前」バス停

【マイカー】
・東名高速「静岡IC」から約5Km

コメント

  1. 天守台跡がなかなか見つけられない。周りをウロウロしているとなんと足元に線が引いてありました。これって空から見ないと判らないのでは・・・?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました