スポンサーリンク

長篠城跡

長篠城跡 博物館
長篠城跡

戦国時代、愛知県新城市にあった城。

歴史・概略

  • 築城:永正5年(1508年)
  • 廃城:天正4年(1576年)
  • 築城主:菅沼元成
  • 構造:平城
  • 主な城主:菅沼氏・奥平氏
  • 日本100名城
  • 永正5年(1508年)、今川氏と関係が深い菅沼元成によって築城された。
    その後、今川氏の衰退により勢力を伸ばしてきた徳川家康の配下となるが、国境を接する武田信玄の三河侵攻によって城は奪われた。しかし、信玄の死によって状況が変化し徳川氏配下に戻った。
  • 天正3年(1575年)には、武田家の跡を継いだ武田勝頼(たけだ・かつより)が再び侵攻、長篠城を取り囲んだ。これが織田・徳川連合軍による「長篠の戦い」へと発展し、武田氏は大敗を喫することとなった。
    その後、城主の奥平信昌は戦いによって大きく損壊した長篠城から新城城へと移り、長篠城の役目は終わった。
  • おもな出来事
    1508年 菅沼元成により築城
    1572年 武田信玄、駿河・三河に侵攻
    1573年 信玄、死去
    1575年 長篠の戦い
    1576年 廃城

見どころ・おすすめ

  • この周辺には長篠攻城戦跡が点在し、ここから3Kmほど西側には「長篠の戦い」の史跡が点在している。
  • 長篠城址史跡保存館-長篠攻城戦や「長篠の戦い(設楽原の戦い)」に関する資料館。
  • 新城市設楽原歴史資料館-「長篠の戦い」や火縄銃に関する歴史資料館。

施設データ

地図
住所:愛知県新城市長篠市場
長篠城跡

周辺の史跡を探す
主な施設
長篠城址史跡保存館
利用時間
公園内は常時

【長篠城址史跡保存館】
 9:00 ~ 17:00
定休日
公園内は無休

【長篠城址史跡保存館】
 火曜日(休日の場合翌日)・年末年始
料金
公園内は無料

【長篠城址史跡保存館】
 大人210円 小中学生100円
交通
【電車】
・JR「長篠城」駅から約0.7Km

【バス】
・新城市コミュニティバス「長篠城址前」バス停

【マイカー】
・新東名高速道路「新城IC」から約3Km
・駐車場あり

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました