スポンサーリンク

三宅城跡

三宅城跡 城跡
三宅城跡

大阪府茨木市にあった戦国時代の平城。

歴史・概略

  • 築城:14世紀前半もしくは永正元年(1504年)
  • 廃城:永禄5年(1562年)
  • 築城主:三宅氏
  • 構造:平城
  • 主な城主:三宅氏・香西元成
  • 永正元年(1504年)、細川高国に属する三宅国政によって築城されたとされるが、それ以前にも存在していた可能性もある。
  • 天文18年(1549年)三好長慶三好政長が戦った「江口の戦い」が勃発した際には、政長政長方の細川晴元が入るなど重要な拠点となった。
  • 城の規模は東西596メートル、南北540メートルに及ぶものだったとされるが、現在は宅地化が進みその痕跡は見つかっていない。周辺には三宅城跡を表す石碑が点在している。

施設データ

地図
住所:大阪府茨木市蔵垣内

周辺の史跡を探す
主な施設
石碑のみ(工場敷地内)
利用時間
常時(敷地外から)
定休日
無休
料金
無料
交通
【電車】
・JR「千里丘」駅から約0.8Km
・阪急電車「摂津市」駅から約0.8Km
・大阪モノレール「沢良宜」駅から約1.6Km

【マイカー】
・近畿自動車道「摂津北IC」から約2Km
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました