足利氏館(鑁阿寺)

足利氏館 城跡
足利氏館

鑁阿寺(ばんなじ)は栃木県足利市にある寺で清和源氏の一族・足利氏の氏寺である。
足利氏の居館があったことで知られる。

歴史・概略

  • 築城:平安時代末期
  • 築城主:足利義康
  • 構造:居館
  • 主な城主:足利氏
  • 日本100名城
  • 平安時代末期、足利氏の祖となった足利義康(あしかが・よしやす)がこの場所に居館を構えた。
  • 建久7年(1196年)、足利義康の子・足利義兼(あしかが・よしかね)が邸内に大日如来を祀った持仏堂を建て、鑁阿寺を設立した。
  • 文暦元年(1234年)、足利義氏が伽藍を整備し足利氏の氏寺とした。

見どころ・おすすめ

  • この付近には「足利学校」や「太平記館」、「足利まちなか遊学館」など足利氏に関して学べる施設があるので、まとめて回るのがおすすめ。

施設データ

地図
住所:栃木県足利市家富町

周辺の史跡を探す
主な施設
土塁・堀・鑁阿寺(本堂・鐘楼・経堂など)
利用時間
定休日
無休
料金
無料
交通
【電車】
・JR「足利」駅から約0.8Km
・東武鉄道「足利市」駅から約0.9Km

【マイカー】
・北関東自動車道「足利IC」から約5Km
・駐車場あり
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました