スポンサーリンク

小牧山城

小牧山城 古戦場
小牧山城

愛知県小牧山にあった織田信長の居城跡。「小牧・長久手の戦い」で徳川家康が拠点としたことで知られる。

歴史・概略

  • 築城:永禄6年(1563年)
  • 廃城:永禄10年(1567年)
  • 築城主:織田信長
  • 構造:平山城
  • 主な城主:織田信長
  • 桶狭間の戦い」で今川義元を討ち取った信長は、隣接する三河の徳川家康と同盟を結び美濃攻略を開始する。信長はそれまでの清州城からより美濃に近い小牧山に築城を開始、築城後は居城を移した。しかし、永禄10年(1567年)に美濃攻略を果たした信長は稲葉山城(岐阜城)に再び居城を移し小牧山城はわずか4年で廃城となった。
  • 小牧・長久手の戦い」では、小牧山の重要性に目をつけた徳川家康がここに陣を敷いた。家康は土塁や堀など大規模に整備、家康の拠点として敵対する羽柴秀吉を苦しめ、家康の一方的な敗北とはならずに終結した。

見どころ・おすすめ

  • 小牧市歴史館-小牧山城や「小牧・長久手の戦い」に関する歴史展示館。展望台からは濃尾平野を一望。
  • 石垣-土から石垣へと移行する初期の石垣。

施設データ

地図
住所:愛知県小牧市堀の内
小牧山城

周辺の史跡を探す
主な施設
小牧市歴史館・曲輪跡・土塁跡
利用時間
小牧市歴史館 9:00 ~ 16:30
定休日
小牧市歴史館 第3木曜日・年末年始
料金
小牧市歴史館 大人100円・小中学生30円
交通
【電車】
・名鉄「小牧」駅から約1.2Km

【バス】
・名鉄バス「小牧市役所前」バス停

【マイカー】
・名神高速「小牧IC」から約1.5Km
・駐車場あり

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました