スポンサーリンク

金山城跡

新田金山城 博物館
新田金山城

群馬県太田市にあった城。
新田金山城、太田金山城とも呼ばれる。

  • 築城:文明元年(1469年)
  • 廃城:天正18年(1590年)
  • 築城主:岩松家純
  • 構造:山城・連郭式
  • 主な城主:岩松氏、由良氏
  • 日本100名城関東七名城
  • 文明元年(1469年)、新田氏や足利氏の一族である岩松家純により築城される。
  • 天正2年(1574年)、上杉謙信の攻撃を退ける。
  • 天正18年(1590年)、豊臣秀吉の「小田原攻め」の際に降伏、その後廃城となる。

施設データ

地図
住所:群馬県太田市金山町
金山城跡

周辺の史跡を探す
主な施設
石垣・土塁・堀・馬出し・井戸・史跡金山城跡ガイダンス施設
利用時間
【史跡金山城跡ガイダンス施設】
 9:00~17:00
定休日
【史跡金山城跡ガイダンス施設】
 月曜(休日の場合翌日)・年末年始
料金
無料
交通
・東武鉄道「太田」駅
・矢島タクシー「大門入口」バス停
・駐車場あり

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました