延元の乱

建武2年(1335年)~延元元年/建武3年(1336年)
建武の乱とも。建武の新政による天皇中心の政治を行おうとする後醍醐天皇側とそれに反発する足利尊氏側との戦乱。この後60年に渡って続く南北朝のきっかけとなった。

京都

千種忠顕戦死之地

南北朝の動乱が始まった「延元の乱」において戦死した千種忠顕の碑。 千種忠顕(ちぐさ・ただあき)は鎌倉時代末期から南北朝時代初期にかけての公卿。後醍醐天皇...
古戦場

手越河原古戦場跡

建武政権を離脱した足利軍と後醍醐天皇の命を受けた新田軍の合戦の地。「延元の乱」で行われた合戦のひとつ。 建武2年(1335年)、後醍醐天皇は武家政権の...
京都

名和長年公殉節所

後醍醐天皇を支えたひとり名和長年の戦死の地。 名和長年は後醍醐天皇を支えた忠臣のひとりで、元は伯耆国の豪族だったが隠岐に流された後醍醐天皇を脱出させ船上...
京都

水飲対陣之跡

「延元の乱」における古戦場のひとつ。 建武2年(1335年)、足利尊氏が後醍醐天皇の建武政権より離脱し「延元の乱」が勃発、建武3年(1336年)に足利氏...
古戦場

竹之下古戦場

後醍醐天皇側の新田義貞と天皇に反発する足利尊氏との間で起こった「箱根・竹ノ下の戦い」が行われた場所。 「中先代の乱」を鎮めた尊氏は鎌倉を占拠し続け、尊...
京都

東寺

京都にある真言宗寺院。教王護国寺(きょうおうごこくじ)とも呼ばれる。 平安京造営の際、都の守りとして平安京の正門といえる羅城門の東側に東寺、西側に西寺が...
タイトルとURLをコピーしました